「アート イン コンテナ」国際展

「アート イン コンテナ」国際展

入賞作品

神戸ビエンナーレ2009のメインコンペティション。
神戸のまちとつながりの深い国内外を回遊する輸送用コンテナ[長さ(奥行)12m×幅2.4m×高さ2.5mの40ftドライコンテナ]の内部を展示空間として、アーティストの自由な発想で、コンテナという限られた空間内に凝縮されたアートの力と可能性を表現する作品を展示します。

■展示作品数
30作品(うち海外5作品)
■展示期間
2009年10月3日(土)~2009年11月23日(月・祝):52日間
■展示場所
神戸メリケンパーク(メイン会場) コンテナNo.31~46, 48~61
■応募総数
398作品(うち海外16カ国 42作品)
■審査員
伊藤隆道、坂村健、中原佑介、中谷日出、元永定正、吉田泰巳、Yong-woo Lee 詳細はこちら
神戸ビエンナーレ大賞
beyond the sea(beyond the sea):戸島麻貴(東京) beyond the sea(beyond the sea)
[コンテナNo.41]

コンテナは遠い国々と私たちの生活を結ぶ装置です。しかし、その中は海を渡る劇的な旅路も知らず、堅く閉ざされたまま運ばれます。コンテナの内部に、限りなく広がる海を表出させ、彼方へ続く空間を生み出します。

アーティストプロフィール

戸島麻貴(東京)
高校まで神戸で過ごし、東京芸術大学先端芸術表現科卒業、同学大学院修了、同学助手着任。現代美術家として活動。大阪府立現代美術コンクール、文化庁メディア芸術祭入賞。
http://www.makitoshima.net/

特別賞
むぎゅむぎゅ轍(わだち)(Squishy life track.):はしづめまき(大阪)むぎゅむぎゅ轍(わだち)(Squishy life track.)
[コンテナNo.31]

むぎゅむぎゅした素材がコンテナに隙間なく詰まっています。その中に人が押し入り空洞を作る体験アートです。素材の塊りを自身の欲と見立て押し広げ空洞を作る行為により出来た形を認識し、個の内面に向き合います。
協力:サンキョー株式会社-MOGU、株式会社増村人形店

アーティストプロフィール

はしづめまき(大阪)
現代美術家/都市景観家 都市や風景をコンセプトとして国内外にて作品を発表。
2009年 Miami Art Basel Week public art / Giant in the City出展。www.makihashizume.com

ShadowWings:Hans Schohl(ドイツ)ShadowWings
[コンテナNo.33]

この作品は7つのテントで構成され、中には光に照らされた微細なスチール・メカニズムが設けられている。このメカニズムは、音をたてずゆっくりとその羽をテントの表面に映し出し、外からは影のみ見える。それでも・・・現実は影の中に保存されている。
協賛:timkid - furniture for kids

アーティストプロフィール

Hans Schohl(ドイツ)
1952 ドイツ生まれ。Marburg大学,Kassel大学にて美術学等を専攻。アーティスト、キュレーター、美術教師。1989以降様々なアート作品を展示。「宇部ビエンナーレ2007」優秀賞・市民賞、「神戸ビエンナーレ2007」特別賞受賞。

Walk into the Light(Walk into the Light):伊庭野大輔 + 藤井亮介(東京)Walk into the Light(Walk into the Light)
[コンテナNo.42]

コンテナの中に無数の鏡を貼りこみ、その中心に置かれた光源から鏡へ光を照射させていく。海の上のきらめきのような、生まれては消える光の揺らぎに身を置くことで、人は光覚の存在を再認識させていく。
施工:沖装株式会社
協賛:株式会社菱晃、コミー株式会社、株式会社BENA、株式会社川島織物セルコン、株式会社INAX、日新工業株式会社、日本インシュレーション株式会社、
エムズホールデングインターナショナル

アーティストプロフィール

伊庭野大輔 + 藤井亮介(東京)
伊庭野大輔:1979年東京都生まれ。東京工業大学大学院修了後、日建設計勤務。 藤井亮介:1981年香川県生まれ。東京工業大学大学院修了後、坂倉建築研究所勤務。

輪音の森(Soundscape Harmony: Kobe):ピオリオ / PioRyo(高橋綾×下山肇)(東京)輪音の森(Soundscape Harmony: Kobe)
[コンテナNo.43]

神戸の様々な風景から聞こえてくる『音色』と『リズム』。それらを、鳴動する光の輪に変換することで、新たな神戸の音風景を表現します。鑑賞者はコンテナ内で、無限に広がる音風景『ハーモニーの森』を体感します。
協賛・協力:有限会社サウンドデザイン・ジャパン、宇部日東化成株式会社、株式会社ユポ・コーポレーション、ウシオライティング株式会社、株式会社ファクトリーアートスケープ、神戸夙川学院大学

アーティストプロフィール

ピオリオ(高橋綾×下山肇)(東京)
「動=プロダクト」の高橋綾と「静=スペース」の下山肇が結成したユニット。詠み人知らずの美しく楽しい表現を目指して、アートコンペやワークショップを中心に活動中。

“Liquid Dreams”:Craig Quintero + Joyce Ho(アメリカ)“Liquid Dreams”
[コンテナNo.44]

このインスタレーションは、私たちの夢の流動的性質について、また私たちの願望のすべてがつながり合う様について、黙想するものである。私たちの切望への賛美であり、そのはかなさへのレクイエムでもある。私たちは水から生まれ、水へと戻って行く。
協賛:B&Q特力屋

アーティストプロフィール

Craig Quintero + Joyce Ho(台湾/アメリカ, 台湾)
Craig Quinteroは、台湾のパフォーマンスグループRiverbed Theatreのアートディレクターとして活躍。パリ、ボストン、台北、東京、神戸等での公演で演出。Joyce Hoは、北京、台北、マイアミ等において、自らの絵画、彫刻を展示。

審査員奨励賞
talk to earth(talk to earth):kimucha(東京)talk to earth(talk to earth)
[コンテナNo.46]

普段は見ることもない宇宙に浮かぶ地球の姿。
その姿が人間サイズに縮小され語りかけてくるとしたら... あなたは何を話しますか?
movie:ZOE
music:Daichi Kambayashi (traumerei)
協力:キャノンマーケティング(株)、(株)伊勢田工業

アーティストプロフィール

kimucha(東京)
市川喜久実、武内夢子、南川文による空間演出ユニット。 武蔵野美術大学空間 演出デザイン学科在学中、カフェkimuchaをOPEN。現在、農業・古民家再生運 動、店舗設計、現代アートなど各分野で活動中。

snow bar N43(snow bar N43):YEN DESIGN(福島慶介+川瀬浩介)(北海道)snow bar N43(snow bar N43)
[コンテナNo.53]

snow bar N43は、雪の「舞」を観賞するためのインスタレーションです。北国での絶対的なコミュニティ・文化の媒体である雪。その雪の美しい一断面を切り取り、共通の空間体験を提供いたします。
協賛・協力:N43、株式会社サウンドクルー、N合同会社、株式会社福島工務店、有限会社福島商事、株式会社モダンワーク

アーティストプロフィール

YEN DESIGN (福島慶介+川瀬浩介)(北海道)
YEN DESIGNは2008年に結成のアーティストコミュニティです。今回は、空間・映像:福島慶介、音楽:川瀬浩介のコラボレーションワークにより参加いたします。

WAOMOTE(WAOMOTE):外礒秀紹(滋賀) WAOMOTE(WAOMOTE)
[コンテナNo.57]

激音の中、隣も先も無言で各自の信仰する一台に祈る。遠目には行儀よく並んだその姿は、正に修行僧ではないか。今回の作品は時間の止まったパチンコ店をモチーフとして、あらためて「生きる」ということを考えてみます。
協賛:月岡梱包株式会社、GALLERYはねうさぎ、株式会社キョウシャー

アーティストプロフィール

外礒秀紹(滋賀)
幾何形体と有機形体を、金属や陶素材をつかって制作しています。1997年倉敷まちかどの彫刻展<大賞> 2006年神戸空港彫刻コンクール<大賞> 1963年福岡生れ。

入賞

入賞作品|01-07|08-1415-21

3DCGZOO(3DCGZOO):志茂浩和(東京)3DCGZOO(3DCGZOO)
[コンテナNo.32]

内部に設置された檻の中に入ると、立体映像による奇怪な生き物を覗き込みたくなる衝動に駆られるでしょう。そこにいる者は、誰の心にも潜むであろう何者かです。その体験を偶然に居合わせた誰かと共有してください。
協賛:神戸芸術工科大学、東北大学 大学工学研究科 電子工学専攻 内田研究室

アーティストプロフィール

志茂浩和(東京)
1960大阪出身。東京芸大中退後、マルチメディアクリエイターとして活動。現在は3DCGに集中。神戸ビエンナーレを機にインスタレーション作品を展開。神戸芸術工科大学教授。

ワールドカウハウス(a world cow house):石上和弘(静岡)ワールドカウハウス(a world cow house)
[コンテナNo.34]

役割を終えた父親の牛舎をコンテナ内に移築。牛に擦られてできた柱のカービングや堆積物のモデリングは、彫刻だなと思う。そして牛がこちらを見つめるポーズの制作は、鑑賞者が私の背景と対峙する入口となる。

アーティストプロフィール

石上和弘(静岡)
1966年静岡市生まれ、91年武蔵野美術大学彫刻学科卒業、97年神奈川アートアニュアル'97、07年「メキシコ.日本友愛彫刻展」(MACY),個展 帝塚山画廊(大阪)など。

Space of the recognition(Space of the recognition):木村恒介(東京)Space of the recognition(Space of the recognition)
[コンテナNo.35]

ものを見る中で、人それぞれに差異がある。日常のコミュニケーションは、その差異の中で行なわれている。もはや輪郭のような「それ」を見て、みんなで「それ」だと思っている。コミュニケーションは暈けている。
協力:ガンマー株式会社

アーティストプロフィール

木村恒介(東京)
1982 栃木県に生まれる 2003 武蔵野美術大学造形学部建築学科入学 2007 東京芸術大学大学院先端芸術表現入学

「わっ、平面なんだ」(Wow, It's Flat!):赤堀マサシ(静岡)「わっ、平面なんだ」(Wow, It's Flat!)
[コンテナNo.36]

ダ・ビンチもラファエロも使った遠近法と陰影法は、平面の中に空間と立体感を生み出す絵画技法の一つです。この作品も、「平面なのに立体に見える」不思議さを見る人に味わっていただくものです。

アーティストプロフィール

赤堀マサシ(静岡)
1951静岡県生、毎年静岡県内で個展、2007パンリアル美術協会入会、京都市美術館にてパンリアル展、横須賀城址にてインスタレーション。常葉学園菊川高校教諭。

window(window):牛島光太郎(福岡)window(window)
[コンテナNo.37]

これまで、窓を通して、たくさんの事を知ることができました。展示する『window』が、私だけでなく、来場者の方々にとっても意味のあるものになったとしたら、私は窓をつくる事ができたと言えるのではないか思います。
協賛:有限会社 昌工務店

アーティストプロフィール

牛島光太郎(福岡)
それまで価値の無かったモノが、何かをきっかけに価値あるモノにみえる時があります。
それは錯覚だと思うのですが、そのことについて、もう少し知りたいと思っています。

BUTSU(BUTSU):本堀雄二(兵庫)BUTSU(BUTSU)
[コンテナNo.38]

用途を終えて再生を待つダンボール紙は、薬師三尊像の姿となり、現代人の心を癒します。色々な角度からの表情の変化をお楽しみ下さい。捨てる紙あれば、拾う紙あり。
協賛:初田美術研究所、株式会社甲南画材 

アーティストプロフィール

本堀雄二(兵庫)
1983 愛知県立芸術大学彫刻専攻修了。 神戸、大阪、名古屋で個展。 現代木刻フェスティバル、京都美術展、天展、現代日本美術展、兵庫の美術家。

“Might I not Hear Your Voice?”:Derrick + Camilleri collaboration(オーストラリア)‘Murrirra, Might I not Hear your Voice’
[コンテナNo.39]

クジラの尾とホウロクシギの線画が、層状の透明スクリーン上で混ざり合い漂う。シギの鳴き声と号鐘の音が比喩的に用いられ、種の絶滅に、また人類が自然に及ぼす影響力の遍在に警鐘を鳴らす。この作品は文化的・環境的持続可能性を信奉する。

アーティストプロフィール

Derrick + Camilleri collaboration(オーストラリア)
実物をモデルとする作品づくりを好むオーストラリアのアーティストDerrickとCamilleriは、絵画、線描、彫刻、インスタレーションにより、個人的な体験と信条を扱った作品を生む。作品は人間の居住と自然環境の融合を表す。

入賞作品|01-07|08-1415-21

お問い合わせ

神戸ビエンナーレ組織委員会事務局
〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号(神戸市役所2号館1階)
TEL:078-322-6490 FAX:078-322-6136

神戸ビエンナーレ2009携帯サイト