神戸ビエンナーレ学校 開催の様子

神戸ビエンナーレ2015 開催に向けて開港した神戸ビエンナーレ学校。おかげさまをもちまして、全日程終了いたしました。
神戸ビエンナーレ学校では、神戸ビエンナーレに関わるアーティストをはじめ、多彩な講師による多様な講座を行います。芸術文化等の知識を高めるだけでなく、アートを通した交流の場にもしていくことを目的としていました。
アートや文化にご興味がある方や趣味を作りたい方、さまざまな人との交流の輪を広げたい方が多数参加されました。ご参加いただいた皆様には大変感謝いたします。

過去のビエンナーレ学校講座

第21回講座 越智 裕二郎氏

「ミュージアム、アンチ・ミュージアム、ビエンナーレ」

第20回講座 三木 哲夫氏

「美術を支える-兵庫陶芸美術館を例に-」

第19回講座 中山 高昌氏

「空間といけばな」

第18回講座 矢田 立郎氏

「なぜ、ビエンナーレを始めたか」

第17回講座 阿部 芳久氏

「マンガ*アニメ*ゲームと展覧会」

第16回講座 和久 洋三氏

「童具(玩具+教具)づくりの中で感じたこと 考えたこと」

第15回講座 たほ りつこ氏

「シャルジャ報告:国際ビエンナーレの今」

第14回講座 久谷 政樹氏

「琳派とモダンデザイン」

第13回講座 加藤 隆久氏

「神戸とまつり」

第12回講座 中谷 日出氏

「アーティスト アイデンティティーを確立するために...」

第11回講座 石原 憲一郎氏

「花と緑が、ひと、まち、環境を育てる ~グリーンコウベとグリーンアート~」

第10回講座 齊木 崇人氏

「ビエンナーレとまちづくり」

第9回講座 服部 孝司氏

「なぜ神戸でビエンナーレなのか?」

第8回講座 蓑 豊氏

「美術館が宝石箱から公共の広場に」

第7回講座 川田 泰氏

「『神戸アートマルシェ』とアートマーケットの現状」

第6回講座 吉田 泰巳氏

「総合プロデューサーが語る 神戸ビエンナーレ」

第5回講座 宮本 慶子氏

「音楽のまち神戸 -音楽の力とビエンナーレ」

第4回講座 山端 秀明氏

「SNSを活用した広報大作戦!」

第3回講座 毛 丹青氏

「こうして日本文化は海外で拡散されていた ―中国の人気雑誌『知日』の試みを通じて―」

第2回講座 大森 正夫氏

「スキの現象学:世界ビエンナーレフォーラムに参加して」

第1回講座 吉田 泰巳氏

「総合プロデューサーが語る 神戸ビエンナーレ」

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円